軌道の速度によってルートが変わるのか?

どもです。128な人です。
シムトラ2019のアドカレー🍛な記事です。
イマドキのイケてる記事にするべくサムネを youtube の kuso サムネっぽくしたり 4byte な utf-8 の japanese🍣 traditional🍡 emoji🍤 を入れたりしてます。


早速ですがクイズです。下の画像の場合、列車どちらを通過するでしょうか。🤔
バージョンは120.4.1です。

thumb_20191127154141ad9.png



答えはCMの後⭐



答えは下ルート(青)を通ります。

answer.png

ルートを予想するにはいくつかのポイントがあります。



ポイント
① 列車は最短距離を選ぶ
② 最近のバージョンではより手前にあるカーブを優先して曲がる
③ リザーブされた方向によって軌道の画像が変わる(対応アドオンのみ)



①は線路や架線、列車の速度でどちらになるか変化します。
バージョン120.4.1は②に該当するため下ルートが優先になります。
pak128ガチ勢で線路(100km/h)、架線(120km/h)、車両(140km/h)が見ただけでわかる人はここで答えにたどり着けます。



ガチ勢以外の人は③のポイント画像で判断することになります。
画像変化対応の128公式の線路であるため、上ルート(赤)なら分岐の画像が変化しているはず…というとこで下ルートと判断できます。

change.png

上ルートを通る場合、リザーブ時にポイントの画像が変化します。



前置きはこの辺にしておいて今回の本題は①の「軌道の速度によってどう変化するのか」というのを見ていきます。


ここからは下ルートを最短ルート、上ルートを迂回ルートと呼び変えます。
基本は最短ルートが選ばれるが、速度によっては迂回ルートになるということから所要時間が関係してそうに見えます。
まず線路の配置から所要時間を数式化し、条件を考えていきます。

assumption.png

最短ルートの速度が迂回ルートよりもある割合で遅ければ迂回ルートが選択される…となりそうです。


グラフ化するとこんな感じの予想です。

anticipation.png

例えば車両の速度が100km/hのとき、
最短区間の制限速度が60km/h以上なら最短ルート、60km/h未満なら迂回ルートとなるという予想です。


テストコースを作成しました。

mesurement_1_trim.png

白マスが軌道、黒マスが車両です。書いてある数値がそれぞれの最高速度です。



addon.png

等倍表示だとこんな感じ。
安定の手抜きドット絵で作ってあります。



mesurement_2_trim.png

この状態でリザーブ状態を見れば、各速度でどちらを通るか確認できます。



測定結果

result.png

結構ずれてます。🤔🤔🤔🤔🤔
最短ルートの速度>迂回ルートの速度では必ず最短ルートになるのは自明であるため計測を省略しています。



roughly.png

車両速度の1/3の線(黄色点線)を引いてみました。



大体そんなもんらしいです(適当



🌟結論🌟
最短ルートを概ね列車の最高速度の1/3以下に制限することで迂回ルートを優先利用させることができる気がする。
最高速度は「車両、軌道、架線の最高速度のうち最も遅いもの」になるためうまくアドオンでを駆使してよい優等退避プレイをしましょう。
_🚅💨_🚅💨_
 \_🚃_/



あえてアドカレの早めの日程に投稿したのでプログラムの観点から考察した記事とか出てくると真実が分かりそうですね!!!!(丸投げ



余談
300_conf_trim.png
一番奥の場所はなぜか速度によらず迂回ルートが優先されるっぽいです。
バグかな?💣



余談の余談
検証に使用した軌道・車両のアドオンはこちらからどうぞ。🛤🚃



余談の余談の余談
シムトラの記事をニコ鉄ジャーナルに寄稿しました。📃
内容はルートコストや効率的な大規模開発とかいつもの感じです。
冬のやつにコラムで載ると思います。
ニコ鉄ジャーナルの情報はこちらからどうぞ。📖

また、宗教上の都合でコミケに出兵できない人もいると思うので寄稿した記事については後日webに掲載予定です(運営了承済)📡🌏🌙🌌




関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

128な人

うにゅー